本部からのお知らせ

刊行物一覧

平成28年度

No. 内容
1. 『九州国立博物館の取り組み : 平成28年度文化財防災ネットワーク推進事業』九州国立博物館編刊、2017
2. 『中日韓文化財防災学術研究会報告書』中日韓文化財防災学術研究会実行委員会編刊、2017
3. 『「文化遺産防災国際シンポジウム―文化遺産を大災害からどう守るか:ブルーシールドの可能性」報告書』国立文化財機構編刊、2017
4. 『「文化財保護のための動態記録作成~」事業報告書『木積の箕をつくる―千葉県匝瑳市木積』』映像記録DVD5枚組、東京文化財研究所編刊、2017
5. 『「みんなでまもる文化財みんなをまもるミュージアム」報告書』「みんなでまもる文化財みんなをまもるミュージアム」事業実行委員会事務局編刊、2017
6. 『第2回 全国史料ネット研究交流集会報告書』第2回全国史料ネット研究交流集会実行委員会編、科学研究費補助金基盤研究(S)「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立-東日本大震災を踏まえて-」研究グループ刊、2016

平成27年度

No. 内容
1. 『九州国立博物館の取り組み : 平成27年度文化財防災ネットワーク推進事業』九州国立博物館編刊、2016
2. 『 第1回 文化財等防災ネットワーク研究集会』国立文化財機構奈良文化財研究所埋蔵文化財センター保存修復科学研究室編刊、2016
3. 『地域の文化遺産と防災 : 文化財防災ネットワーク推進事業』国立文化財機構東京文化財研究所編刊、2016
4. 『文化財防災ネットワーク推進事業「危機管理・文化財防災体制構築のための調査研究」平成27年度報告書』国立文化財機構東京文化財研究所編刊、2016
5. 『文化遺産と災害に強い地域社会 : 第三回国連防災世界会議の枠組みにおける国際専門家会合 : 報告書』国立文化財機構編著刊、2016
6. “International expert meeting on cultural heritage and disaster resilient communities within the framework of the third UN world conference on disaster risk reduction (WCDRR) : proceedings, [compiled by the Independent Administrative Institution National Institutes for Cultural Heritage (NICH)]”, Independent Administrative Institution National Institutes for Cultural Heritage, 2016
7. 『独立行政法人国立文化財機構アソシエイトフェロー研修報告書』国立文化財機構編刊、2015
8. 『「みんなでまもる文化財みんなをまもるミュージアム」報告書』、「みんなでまもる文化財みんなをまもるミュージアム」事業実行委員会事務局編刊、2016
9. 『全国史料ネット研究交流集会 : 報告書 : 歴史資料ネットワーク設立20周年記念』科学研究費補助金基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立–東日本大震災を踏まえて」研究グループ(研究代表者・奥村弘)編、科学研究費補助金基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立–東日本大震災を踏まえて」研究グループ(研究代表者・奥村弘)刊、2015

平成26年度

No. 内容
1. 『独立行政法人国立文化財機構アソシエイトフェロー研修報告書』国立文化財機構編刊、2014
カテゴリ:刊行物一覧

投稿者:admin

<終了>ふくしま歴史資料保存ネットワーク主催シンポジウム

ふくしま歴史資料保存ネットワーク主催シンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ―歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今―」のお知らせです。

Read more


投稿者:suishinshitsu

ブックレット「ふるさとを想う まもる つなぐ」

ふくしま歴史資料保存ネットワークからの情報です。

ブックレット「ふるさとを想う まもる つなぐ」が発行されました。

Read more

カテゴリ:刊行物等

投稿者:suishinshitsu

報告書等の刊行

 文化財防災ネットワーク推進事業ではこれまでに様々な報告書やパンフレットを編集・発行してきました。

 文化財防災に関する研修の内容、歴史資料保全に関する発表、国際シンポジウムの議論、無形文化遺産の取り組みといった活動の記録です。

 7つの施設や共催団体から現在までに約20部が当室に集められ、今年度も引き続き複数の報告書、パンフレットの刊行が予定されています。

 


投稿者:admin

被災文化財の応急処置ハンドブック

 今年度、被災した文化財の応急処理方法についての動画とパンフレットを作成するべく資料を集めています。
手元には9点の資料がありました。どれも分かりやすい資料です。

 引き続き参考事例を探しつつ、いざという時に備えたツールとして良いものを作りたいと思います。


 

 佐用町文化遺産再発見活性化事業実行委員編『わたしたちの文化遺産~資料保存ガイド~』平成25年3月31日

西山要一・板垣泰之・大江克己他編著「東日本大震災津波被災文書の保存 ―奈良大学東日本大震災津波被災文書等保存グループの活動―」奈良大学東日本大震災津波被災文書等保存グループ発行、平成25年3月31日

神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター編・刊『地域歴史遺産保全活用ハンドブック 兵庫県版』平成25年5月31日

NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク「宮城歴史資料保全ネットワーク10周年記念シンポジウム 災害を超えて 宮城における歴史資料保全2003-2013」平成26年11月19日

加藤明恵、吉原大志「どこでも、誰でも、簡単にできる 水損資料の応急処置」『特別企画展 災害と歴史遺産』関連ワークショップパンフレット、兵庫県立歴史博物館編・刊、平成27年1月10日

兵庫県立歴史博物館編・刊「特別企画展 阪神・淡路大震災20年 災害と歴史遺産―被災文化財等レスキュー活動の20年―兵庫県域関係展示分図録」平成27年1月10日

赤沼英男「被災文化遺産への科学的アプローチ」『日本文化財科学会2015年度公開講演会「被災文化財を守る―陸前高田からの視点―」日本文化財科学会公開講演会シリーズ『文化遺産と科学』』所収、13-20頁、平成27年9月20日

福島県文化財センター白河館編・刊「平成27年度ふくしま復興展Ⅱ よみがえる文化財-震災からの救出活動と再生への取り組み-」平成27年10月17日

津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会・赤沼英男・鈴木まほろ編『安定化処理』(2015年改訂版)津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会刊、平成27年12月28日


投稿者:admin

お知らせ

5月 2017
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

トップ