【終了/2月10日開催】震災復興における民俗芸能の役割と継承

東日本大震災の復興において、民俗芸能や祭礼などが人々の日常的な暮らしを取り戻す大きな役割を果たしたことは言うまでもありません。
どうして民俗芸能が復興に寄与することができるのか、今後どのように次代につなげていくべきなのかを検討するシンポジウムが行われます。

【日時】平成30年2月10日(土)14:00~17:00
【場所】郡山女子大学 芸術館(入場無料、参加申込不要)
【プログラム】
趣旨説明:フィールド災害人文学をめぐって

      高倉 浩樹(東北大学)

第一部:福島県の民俗芸能
 話者1 民俗芸能の復興力-田植え踊りを事例に 
       一柳 智子(郡山女子大学短期大学部)
 話者2 震災時における民俗芸能の力 
       宮口 勝美(浪江町副町長・室原郷土芸能保存会)

第二部:民俗芸能と防災・震災復興
 報告3 文化財化する地域文化
       小谷 竜介(東北歴史博物館)
 報告4 無形文化遺産の防災という考え方
       久保田 裕道(東京文化財研究所)

総合討論
 コメンテーター
       何 燕生(郡山女子大学短期大学部)
       木村 敏明(東北大学)
 司 会   山口 睦(山口大学)

詳しくはこちらをご覧ください。

トップ