【終了/10月7日】講演会「デジタル技術で魅せる文化財 奈文研とICT」

奈文研主催講演会が東京で開催されます。防災ネット事業で実施している災害痕跡情報データベースの構築についても報告があります。

 
日時 : 2017年10月7日(土) 10:00~16:00
会場 : 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
主催 : 独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所
定員 : 580名 ※参加費無料(要事前申込)

  【プログラム】
10:00~10:05 開会挨拶  松村 恵司(所長)
10:05~10:50 奈文研のデータベース 森本 晋(企画調整部長)
10:50~11:35 全国遺跡報告総覧と考古学ビッグデータ 
         高田 祐一(企画調整部 文化財情報研究室研究員)
         (昼休み)
12:40~13:25 木簡データベースの高次化とMOJIZO 
         渡辺 晃宏(副所長・都城発掘調査部 副部長)
13:25~14:10 デジタルデータでみる高松塚古墳 
         廣瀬 覚(都城発掘調査部 主任研究員)
         (休憩)
14:25~15:10 文化財のデジタル文化資源化:見たままの姿を伝え、深層を探る 
         山口 欧志(埋蔵文化財センター 遺跡・調査技術研究室アソシエイトフェロー)
15:10~15:55 発掘された歴史的地震・火山災害痕跡データベース:考古学の新たな挑戦 
         村田 泰輔(埋蔵文化財センター 遺跡・調査技術研究室アソシエイトフェロー)
15:55~16:00 閉会

詳細はこちらをご覧ください。

トップ