動画で学ぶ

動画で学ぶ - 被災資料の応急処置方法を 学べる動画

自然災害で被災した資料の応急処置方法を説明した動画をご紹介します。

【文化財防災マニュアル ~汚損紙資料のクリーニング処置例~】

制作 内容
【国立文化財機構】 自然災害で被災し、汚れて傷ついた資料のクリーニング例を説明しています。

以下の映像は、制作された方のご了承を得て掲載させて頂いております。

【乾いた状態で行うクリーニング】

制作 内容
【東京文書救援隊】 資料が乾いた状態で、砂や埃を除去する方法が説明されています。

【水を用いた洗浄の方法】

制作 内容
【東京文書救援隊】 水を用いて、資料に付着した汚れを洗浄する方法が解説されています。

【乾燥の方法】

制作 内容
【東京文書救援隊】 洗浄した資料を乾燥させる方法が解説されています。

※随時更新中です。

最終更新日平成30年3月29日

カテゴリ:動画で学ぶ

投稿者:admin

シンポジウム「文化財の記録と継承」を開催しました。

シンポジウム「文化財の記録と継承~文化財を守り、伝えるために~」

京都国立博物館では「文化財防災ネットワーク推進事業」の一つとして、文化財が集中する関西地域における文化財防災体制の確立を目指し、けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)の活用事業に取り組んでいます。本シンポジウムはその一環として、京都国立博物館が主催したものです。

<概要>
本シンポジウムでは“文化財の記録と継承”をテーマに、文化財の防災・減災について考えます。まず第1部では、かけがえのない文化財を後世に伝えるためのさまざまな取り組みをご紹介します。さらに第2部では、昨年4月に大規模な地震に見舞われた熊本県立美術館より学芸員をお招きし、震災後の対応と復興に向けた美術館の取り組みについてお話しいただきます。文化財を未来へ継承するための取り組みについて、広くご理解いただく機会となれば幸いです。

日 時: 2017年10月28日(土)13時~16時30分
会 場: けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)
2階ミュージアムホール
(京都府木津川市木津川台9丁目6番・相楽郡精華町精華台7丁目5番1)
※施設内の駐車場をご利用いただけます(無料)
JR祝園駅・近鉄新祝園駅から会場まで無料シャトルバスを運行いたします。
料 金: 無料(事前申込不要)
主 催: 京都国立博物館
後 援: 木津川市、精華町
※プログラムなど詳細については下記チラシをご覧ください。
シンポジウム「文化財の記録と継承~文化財を守り、伝えるために~」チラシ

【お問い合わせ先】京都国立博物館 総務課事業推進係 TEL:075-531-7504
(平日の10時~12時および13時~17時、ただし祝日を除く)


投稿者:admin

文化財防災ブログ

10月 2017
« 9月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

トップ