文化財防災ネットワーク

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

有識者会議

文化遺産に関わる様々な分野で重要な活動をされている専門家による会議を開催し、ネットワークの将来像について、大胆かつ実効性のあるご提言をいただこうとするものです。

有識者委員一覧

氏名
現職・委員等
内田俊秀
京都造形芸術大学 名誉教授
大石泰夫
國學院大學文学部 教授(奥州市文化財審議会委員、北上市文化財審議会委員)
梶浦秀樹
株式会社庵プロデュース 代表取締役社長(文化財を核とした観光拠点形成による経済活性化に関する調査研究会委員、金沢市金澤町家活用審議会委員)
木下尚子
熊本大学文学部 教授(文化審議会第三専門部会委員、水中遺跡調査検討委員会委員)
河野俊行
九州大学大学院法学研究院 教授(イコモス会長)
高野明彦
国立情報学研究所コンテンツ科学研究系 教授(内閣府知財戦略本部デジタルアーカイブジャパン実務者検討委員会座長)
真鍋 真
国立科学博物館 標本資料センター・コレクションディレクター
宗田好史
京都府立大学 副学長、和食文化研究センター長(イコモス日本委員会理事、京都市景観審査会委員 )
三村 衛
京都大学大学院工学研究科 教授(古墳壁画の保存活用に関する検討会委員)
村上博哉
国立西洋美術館 副館長兼学芸課長
村上裕道
京都橘大学文学部歴史遺産学科 教授(文化庁地域文化創生本部研究官、兵庫県参与 )

平成30年4月現在