文化財防災センター

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

文化財防災センターの概要

趣旨

国立文化財機構は、頻発する各種の災害から文化財をまもり、災害発生時の救援・支援を多くの組織や専門家の協力によって迅速かつ効果的に実施するため、文化財防災センターを開設しました。奈良文化財研究所に文化財防災センター本部を設置し、全国の文化財防災のための取り組みを行います。

3つのミッション

⑴被害を出さない(=事前の備えをしっかりとしておく)
⑵被害が出てもその度合いを最小限にとどめる(=正確な情報の収集、的確な判断、そして迅速な行動)
⑶重篤な被害が出た場合の救援・支援を効果的に実現する(=体制の準備と機能)

事業の5つの柱

⑴地域防災体制の構築
⑵災害時ガイドライン等の整備
⑶レスキューおよび収蔵・展示における技術開発
⑷普及啓発
⑸文化財防災に関する情報の収集と活用

連携体制