文化財防災ネットワーク

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

組織概要

趣旨

東日本大震災等における文化財等救出の対応を踏まえ、文化庁と連携しつつ非常災害時における文化財等の防災に関するネットワークを構築するとともに、そのために必要な人材の育成、情報の収集・分析・発信を行い、それらを踏まえ有事における迅速な文化財等の救出活動を行うための体制を構築するため、国立文化財機構に「文化財防災ネットワーク推進本部」を設置する。

主な事業内容

(1)
次期中期計画に向けた国立文化財機構が果たすべき文化財の防災・救援業務のあり方に関する研究
(2)
被災文化財等の劣化診断、保存環境、安定化処置及び修理に関する研究を実施し、適宜現場の作業に反映させる。
(3)
文化財防災・救出に関する指導、助言、研修
(4)
保存科学等に基づく被災文化財の保管環境、安定化処置及び修理等に関する研究
(5)
有事における文化財防災・救出ネットワークの構築
(6)
文化財防災・救出に関する国際連携

連携体制

network_system