文化財防災ネットワーク

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

活動報告

【東博】地域の文化財防災体制の確立に向けた協議会を開催しました。

各都県の文化財保護事務の所管部局、県立の博物館・図書館・文書館、それらが事務局機能を有する協議会・協会、主に歴史資料の保全活動を実施している民間のボランティア団体(史料ネットなど)など、関東甲信越地域でも多くの文化財関係団体が活動しています。

平成29年度から平成30年度にかけて、このような各団体の担当者が県境を越えて一同に参集し、情報共有する協議会を開催しました。この協議会は、他県・他団体が実施している防災対策から学びを得る機会となり、さらには広域的な連携体制の構築に向けた機運の醸成につながりました。

  • 第1回:平成29年5月31日
  • 第2回:平成29年7月6日
  • 第3回:平成29年9月15日
  • 第4回:平成29年12月20日
  • 第5回:平成30年1月25日
  • 第6回:平成30年6月18日
  • 第7回:平成30年8月21日

 

参加者:各都県の文化財担当者

開催場所:東京国立博物館ほか

協議会の様子