文化財防災センター

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

活動報告

【推進室・九博】平成30年度福岡県ヘリテージマネージャースキルアップ講習会にて講演をおこないました。

平成30年度福岡県ヘリテージマネージャースキルアップ講習会にて、講演をおこないました。

日時:2018年3月9日(土)
場所:福岡建設会館
内容:
1.講習のねらい
2.講義「改正建築基準法・歴史的建築物の活用に向けた条例整備ガイドライン」
3.講義「改正文化財保護法」
4.講義「美術工芸品をはじめとする動産文化財の調査とレスキュー」

この講演会では、九州国立博物館学芸部博物館科学課長であり、当推進事業併任である木川りか氏が講義4を担当しました。

講義4では、災害発生時に歴史的建造物に付属する、または所蔵される動産文化財を速やかに保護するために、事前理解を深めることを目的として行われました。

講演会で使用された『国土交通省平成30年度住宅市場整備推進事業 ヘリテージマネージャーのためのスキルアップ講習(講義)テキスト/平成31年2月 公益社団法人 日本建築士会連合会』では、災害時における動産文化財関係者と連携した取り組みの進め方について考えるための、動産文化財の調査とレスキューについて学ぶための項目が設けられています。

テキストの該当項目については、当推進事業推進室長の岡田健が執筆しています。

今回初のテキスト使用、講師派遣となりました。
文化財分野の垣根を越えた講義であり、積極的な意見交換が行われました。