文化財防災ネットワーク

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

活動報告

【推進室】令和元年度文化財防災ネットワーク推進事業シンポジウム「地域社会と文化財 ― 身近にある文化財、それをまもり伝える意味」を開催しました。

令和元年度文化財防災ネットワーク推進事業シンポジウム「地域社会と文化財 ― 身近にある文化財、それをまもり伝える意味」を開催しました。

日時:2019年12月7日(土)13:00~17:00
場所:東京国立博物館平成館大講堂
内容:
基調講演には当推進事業有識者会議の委員をお願いしています、京都府立大学副学長の宗田好史氏をお迎えして、地域の過疎化・少子高齢化などの社会状況の変化による文化財保護の在り方についてお話しいただきました。
その他には、和歌山県から県立博物館の大河内智之氏、福島県から双葉町教育委員会の吉野高光氏をお迎えして、地域のかけがえのない文化財を地域の人々の力でまもり、次世代に伝えることで、地域の活性化や復興に役立てていくというお話をしていただきました。
平成31年4月に文化財保護法が改正され、各地域における文化財の保存活用のための取り組みの計画的・継続的な実施を、指定文化財・未指定文化財の隔てなく、都道府県や市町村に求めています。
地域における取り組みは、どのようにして行われるのか。
今回のシンポジウムでは、地域の文化財に焦点を当て、それをまもり伝えていくことの意味と方法を考えました。

開会挨拶 松村恵司(国立文化財機構理事長)
開催館挨拶 井上洋一(東京国立博物館副館長)
趣旨説明 岡田健(文化財防災ネットワーク推進室長)
基調講演 人口減少社会における文化財保護の可能性
宗田好史(京都府立大学副学長・教授)
講演1 みんなでまもる地域の文化財―和歌山県の取り組みから
大河内智之(和歌山県立博物館主任学芸員)
講演2 地域の復興に文化財が果たす役割―福島県双葉町の文化財
吉野高光(福島県双葉町教育委員会総括主任主査)
パネル・ディスカッション
宗田好史、大河内智之、吉野高光、岡田健
閉会挨拶 田沢裕賀(東京国立博物館学芸研究部長)

講演の様子