文化財防災センター

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

台風19号で被災した川崎市市民ミュージアムへの支援についての報道発表

今回の台風19号によって、神奈川県川崎市所在の川崎市市民ミュージアムは地下に設置した収蔵施設が水没し、 所蔵する美術作品と文化財の大部分が被害を受けました。 発生以来、関係者による被災状況の確認、救出方法等の検討が進められてきましたが、 10月25日、文化庁は「台風19号で被災した川崎市市民ミュージアムへの支援についての報道発表」をホームページに掲載しました。 今後は、川崎市が対策本部を設置し、関係団体や専門家が協力していくことになります。 独立行政法人国立文化財機構は文化庁の依頼を受け、文化財防災ネットワーク推進事業によって構築している連携体制を活用し、 救出活動と応急保全処置のための技術的な課題について、協力していくことになりました。
いっぽう、この夏は豪雨災害、台風被害が連続して発生しており、台風19号についても非常に広域での被害が発生しています。 文化財の被害に関しては、これから各地から情報が出てくる可能性があります。 私たちは、このような広域的な観点から災害時の取り組みを行おうとしております。
文化庁は、川崎市市民ミュージアムに関する報道発表を出すと同時に、都道府県の文化財所管部局に対して、 広域的な取り組みによる文化財防災体制を確立するために、より一層連携を強めていくことを求めています。

決して、大規模災害ということにとらわれず、災害によって文化財が困難な状況にある場合には、私どもへ 連絡、問い合わせをお寄せください。専門的な見地から、対応をさせていただきます。

台風19号で被災した川崎市市民ミュージアムへの支援について(文化庁HP

 

終了いたしました。お寒い中、たくさんのご来場ありがとうございました。

【聴講無料・事前申込先着順(定員300名)

 

昨年度に引き続き、令和元年度・文化財防災ネットワーク推進事業シンポジウムを開催いたします。

今回の文化財防災ネットワーク推進事業シンポジウムは「地域社会と文化財 ― 身近にある文化財、それをまもり伝える意味」と題し、基調講演には当推進事業有識者会議の委員をお願いしています、京都府立大学副学長の宗田好史氏をお迎えして、地域の過疎化・少子高齢化などの社会状況の変化による文化財保護の在り方についてお話しいただきます。
その他には、和歌山県から県立博物館の大河内智之氏、福島県から双葉町教育委員会の吉野高光氏をお迎えして、地域のかけがえのない文化財を地域の人々の力でまもり、次世代に伝えることで、地域の活性化や復興に役立てていくというお話をしていただきます。
平成31年4月に文化財保護法が改正され、各地域における文化財の保存活用のための取り組みの計画的・継続的な実施を、指定文化財・未指定文化財の隔てなく、都道府県や市町村に求めています。
地域における取り組みは、どのようにして行われるのか。
今回のシンポジウムでは、地域の文化財に焦点を当て、それをまもり伝えていくことの意味と方法を考えます。

チラシ・ポスターのダウンロードはこちら<チラシ><ポスター

 

日 時

 

令和元年12月7日(土)13:00~17:00(開場12:30)

 

会 場

 

東京国立博物館 平成館大講堂(〒110-8712 台東区上野公園 13-9)(ご案内
※ご来館には公共交通機関をご利用ください。駐車場はありません。

 

お申込み

 

!! 事前申し込みは締め切りました。!!

すでにお申し込みをされた方は、受付票を プリントアウトしてご持参 いただき、東京国立博物館西門受付 または 平成館ラウンジにてご提示ください。

※ 本シンポジウムは 当日参加も可能 ですが、これからお申し込みをいただいても受付票をお送りすることができませんので、会場へ直接お越しください。当日受け付けいたします。

 

注意事項

 

※ シンポジウムご聴講のみの方は、東京国立博物館西門からの入場・退出となり、博物館の展示はご覧いただけません。展示もご覧になりたい方は、観覧券を購入し正門よりご入館いただき、シンポジウムご聴講の際は平成館ラウンジからご入場ください。
※ 12月7日(土)は夜間開館日です。平常展のみですが、21:00まで開館しております。展示をご覧になりたい方は、正門にて観覧券をご購入の上ご入場ください。

 

 

静岡県では、被災文化財の救済のため県内所在の団体を中心に文化財等救済ネットワークを立ち上げておられますが、今後発生が予想される巨大地震等、広域災害の際は、県内・隣県だけでは対応しきれず、遠隔地からの支援が必要になると見込まれています。

3月15日に、平成30 年度静岡県文化財等救済ネットワーク会議が開催されました。会議には、国立文化財機構から岡田 健文化財防災ネットワーク推進室長が招かれ、講演を行いました。

事務局挨拶・趣旨説明
講演「文化財防災ネットワーク推進事業がめざすネットワーク-地域の文化遺産をまもるために-」/ 岡田 健 (文化財防災ネットワーク推進室長)
ネットワーク会議・自己紹介及び活動報告

 

【内容】
ア.文化財防災ネットワーク推進事業の概要
イ.全国各地の文化財防災地域ネットワークの動向
ウ.本県被災時の国立文化財機構からの文化財救済支援の可能性
エ.国立文化財機構と本県文化財救済ネットワークの連携の展望
オ.他県の文化財防災地域ネットワークからの本県文化財救済支援の可能性

また、意見交換として、静岡県の文化財防災ネットワークと国立文化財機構や他県との連携や、今後の静岡県文化財救済ネットワークのあり方等が話し合われました。

開催日時 平成31 年3月15 日(金)
午後1時15 分から午後4時30 分
会 場 静岡県男女共同参画センター「あざれあ」4階第2会議室
(静岡市駿河区馬渕1丁目17-1)
主 催 静岡県教育委員会文化財保護課
国立文化財機構文化財防災ネットワーク

国立文化財機構は、文化財防災ネットワーク推進事業の一環として、地域の文化財防災に関する研究集会やシンポジウムに参加し、地域における文化的資料の防災と災害時の迅速かつ効果的な救援活動実施のためのネットワーク構築に関する情報を収集しています。
平成26年度から開催されている「全国史料ネット研究交流集会」は、地域内の歴史・民俗資料を研究する大学や博物館の専門家を中心に組織された「資料ネット(史料ネット)」の活動報告が行われている研究集会です。当機構は、本会の発足当初から、職員による講演や文化財レスキューに関する情報交換等の積極的な交流を行ってきました。

このたび、平成30年1月20・21日に岡山県岡山市で開催された「第4回全国史料ネット研究交流集会」にて行った情報収集の成果として、報告書を刊行しました。編集にあたっては、全国史料ネット研究交流集会実行委員会、講演者・報告者の皆様方に多大なご協力をいただきました。

【書名】文化財防災ネットワーク推進事業 地域の文化財防災に関する研究集会報告書Ⅰ
「第4回全国史料ネット研究交流集会」

【発行】独立行政法人国立文化財機構 文化財防災ネットワーク推進室

【編集】第4回全国史料ネット研究交流集会実行委員会

【協力】人間文化研究機構(国立歴史民俗博物館)
科学研究費補助金基盤研究(S)「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて―」(研究代表者:奥村弘)研究グループ

第4回全国史料ネット研究交流集会報告書(PDF

※ 2018年7月8日に開催を予定しながら、大雨の影響で延期となった2018年度シンポジウムが、以下のとおり開催されます。

当初予定していたプログラムにくわえ、西日本豪雨や台風21号に関する各地の活動についても、史料ネット事務局から特別報告を行います。
多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

・日 時:2019年2月23日(土)13:30~17:00(13:00開場)(予定)
・会 場:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ
(〒530-0014 大阪市北区鶴野町梅田ゲートタワー8階)
・特別報告:吉原 大志(歴史資料ネットワーク)
「歴史資料ネットワークによる2018年の災害対応について」
報 告 1:井上 舞さん(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター)
「地域での『保全』と『活用』を考える」
報 告 2:佐藤 宏之さん(鹿児島歴史資料防災ネットワーク)
「資料保全活動と学校教育の連携の可能性ー鹿児島資料ネットの取り組みー」
・コメント:大国 正美(歴史資料ネットワーク)
・資料代:500円(歴史資料ネットワーク会員は無料)
※事前申し込み不要

詳しくはこちらをご覧ください。

【2019年2月10日】「文化財防災ネットワーク推進事業」では、シンポジウム「地域防災と文化財―自然災害を知り、地域の貴重な文化的資源を守り、伝える」を開催しました。

ダウンロードはこちらから
ポスター(PDF:796KB)
チラシ(PDF:773KB)

地域文化財の防災には、地域の方々の理解が不可欠です。しかし近年の急激な過疎化・少子化の進行によって文化財の維持管理が困難になっている地域では、自然災害が致命的な打撃となる場合もあります。
今回のシンポジウムは、「地域の文化財-文化的資源」に焦点を当て、地域防災の考え方、地域の取り組み、地域にとっての文化財の意味と文化財が未来に果たす役割、というテーマでそれぞれ専門家の方々にお話しいただきます。

【開催日】平成31年2月10日(日) 13:00~16:50(開場12:20)(終了しました)
【開催場所】京都国立博物館 平成知新館 講堂
(〒605-0931 京都市東山区茶屋町 527)
【主催】独立行政法人 国立文化財機構
【後援】京都市、朝日新聞社
※ 聴講無料:定員200名(先着順)

【プログラム】
主催者挨拶 松村 恵司(国立文化財機構理事長・奈良文化財研究所長)
開催館挨拶 佐々木 丞平(京都国立博物館長)
趣旨説明  岡田 健(国立文化財機構 文化財防災ネットワーク推進室長)
基調講演:自然災害発生のメカニズムと地域防災の考え方
三村 衛(京都大学 大学院 工学研究科教授)
講演1:京都市の取り組み
(1)平成30年夏の自然災害による文化財被害とその対応
中川 慶太(京都市文化市民局 文化財保護課長)
(2)京都市における文化財防火について~みんなで文化財を火災からまもろう~
目片 貴美子(京都市消防局 文化財係長)
休憩 [約20分]
講演2:地域文化の保全と文化財防災―民俗学が果たす役割
大石 泰夫(盛岡大学 文学部教授)
講演3:地方創生と文化財―自然災害から文化財を守る強じんな体制とは
豊城 浩行(文化庁文化財鑑査官)

閉会挨拶 朝賀 浩(京都国立博物館学 芸部長)
(16:50 終了予定)

【シンポジウム参加について】
・本シンポジウムは、事前申し込みはありません。当日会場に直接お越しください。
・当日、京都国立博物館の観覧券を購入し、入館されている方は聴講自由です。
ただし、シンポジウム終了後は観覧時間がありませんのでご注意ください。
・シンポジウムのみにご参加される方には、南門の受付にて12:00からシンポジウム
聴講のための整理券をお渡しします。シンポジウム開場前または途中退席されてか
ら館内の展示を観覧するためには、別途観覧券(有料)が必要です。

東北大学災害科学国際研究所と国立国会図書館主催の「平成30年度 東日本大震災アーカイブシンポジウム-震災の記録を伝える~自然災害と防災教育-」開催のお知らせをいただきました。

日時:2019年1月11日(金) 13時00分~16時30分(開場12時30分)
会場:東北大学災害科学国際研究所棟 1階多目的ホール
(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
定員:200名(先着順)
参加費:無料

プログラム:
【第1部】緊急報告「大阪府北部の地震、北海道胆振東部地震の状況と震災アーカイブ
~アーカイブの初動対応とは」

・「災害記録の発展的継承を考える
―国立民族学博物館(みんぱく)の活動を通じて―」
林 勲男氏(国立民族学博物館学術資源研究開発センター教授)
・「近年の自然災害からわかる自然災害アーカイブの重要性
~北海道胆振東部地震の調査からわかったこと~」
柴山 明寛氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)

【第2部】震災の記録と防災学習
・「多賀城高校が取り組む防災・減災学習」
佐々木 克敬氏(宮城県多賀城高等学校校長)
・「いわて震災津波アーカイブと防災学習」
多賀 聡氏(岩手県復興局復興推進課推進協働担当課長)
・「使ってみよう!国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」
伊東 敦子(国立国会図書館電子情報部主任司書)

【第3部】パネルディスカッション「震災の記録を伝える~自然災害と防災教育」
進行: 柴山 明寛氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)
パネリスト: 報告者全員
————————————————————

申込み:下記URLにある申込みフォームからお申込みください。
http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/?page_id=4061(みちのく震録伝)
http://kn.ndl.go.jp/static/2018/11/141
(国立国会図書館 東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」内のページ)

国文学研究資料館主催のシンポジウムのお知らせをいただきました。

--

日時:2018年12月2日(日)午後1時30分~午後4時30分(開場は午後1時)
会場:いわき産業創造館会議室1
報告者:荒木仁朗(国文学研究資料館機関研究員)
    田仲桂(いわき市文化財保護審議委員)
    蝦名裕一(東北大学災害科学国際研究所准教授)
趣旨説明・司会:西村慎太郎(国文学研究資料館准教授)
パネル展示:西村慎太郎
      福島大学(予定)

 

 

国立文化財機構は文化財防災ネットワーク推進事業の一環として、平成26年度より開催されている「全国史料ネット研究交流集会」を通じて、地域内における歴史・民俗資料を研究する大学や博物館の専門家を中心に組織された全国各地の史料ネットの活動に関する情報を収集し、行政機関等も含めた地域における文化的資料の防災と災害時の迅速かつ効果的な救援活動実施のためのネットワーク構築に協力しています。

このたび下記要領にて、第5回目となる全国史料ネット研究交流集会が新潟大学にて開催されます。
2018年は、4月の島根県西部地震、6月の大阪北部地震、さらにその後、それらの地震被災地を含む各地で甚大な被害を生じさせた7月の西日本豪雨、関西国際空港をはじめ広い地域に高潮による被害を生じさせた9月の台風第21号、広い範囲で土砂崩れが発生し全道停電を引き起こした北海道胆振東部地震と、立て続けに災害が発生しました。この状況の中で、資料保全活動は複合災害・広域災害にどのように対処するか、という問題を考えることが喫緊の課題となっています。

今回の集会は、2004年の中越地震以降今日まで資料保全活動が続けられてきた新潟で、これまでの各地での経験をふまえつつ、2018年に発生した災害に直面した各ネットの具体的な経験と実践についての報告もなされます。各地の史料ネットによる報告と研究成果の発表を通じて、貴重な知見が得られるものと期待されます。

日 時 :2018年11月17日(土)13:00~17:45、11月18日(日)10:30~13:00
会 場 :新潟大学中央図書館ライブラリーホール(新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050番地)
主 催 :第5回全国史料ネット研究交流集会実行委員会、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
共 催 :独立行政法人国立文化財機構、科学研究費補助金基盤研究(S)
「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」
(研究代表者・奥村弘)研究グループ
参加費: 無料(事前申し込み不要)

<プログラム>
◆1日目(11月17日)13:00~17:45
開会挨拶
基調講演
事業報告
各地からの報告①「西日本豪雨被災地から」
ポスターセッション・交流
各地からの報告②「災害経験を踏まえて」
質疑応答
懇親会(18:00~、於 新潟大学生協第一食堂)要事前申し込み

◆2日目(11月18日)10:30~13:00
各地からの報告③
ポスターセッション・交流
意見交流(全体討論)
閉会挨拶

チラシ PDF

特定非営利法人関西木造住文化研究会(KARTH)からセミナーのお知らせをいただきました。

——

チラシ PDF

■開催日 11月18日(日)午後3時~5時40分頃
■テーマ「阪神・淡路大震災の悲劇を二度と繰り返さないために我々は何をすべきか」
■プログラム
1.「火災が拡がる前に鎮圧するー地域防災のマイクロ化」 長谷見雄二(早稲田大学教授)
2.「事前復興と地区防災計画」 室崎益輝(神戸大学名誉教授)
3.意見交換
■会場 西陣ヒコバエノ家

KARTH代表 田村佳英

日本学術会議公開シンポジウム「震災・復興資料の収集・アーカイブズ化の現状と今後の課題」のお知らせをいただきました。

--

日時:平成30年11月10日(土)午後1時~5時
会場:郡山市民交流プラザ大会議室(郡山ビッグアイ 7階)
   福島県郡山市駅前二丁目11-1

 

チラシ PDF

お申し込みフォームはこちら

 

長野県史料保存活用連絡協議会より講習会のご案内をいただきました。

--

日時:10月24日(水)13:30~16:30
場所:長野県立歴史館 講堂 〒387-0007 千曲市屋代260-6
電話:026-274-3993
FAX:026-274-3996
申し込み方法:ご所属・お名前・ご連絡先を明記のうえ上記メールアドレスにご連絡いただくか、申込書に記入の上、ファックスでお送りください。
10月19日までにお申し込みいただければ幸いです。

 
 

本シンポジウムは終了しました(詳細はこちら)。

(さらに…)

日本文化財科学会より「日本文化財科学会公開講演会シリーズ『文化遺産と科学』文化財継承と3D技術Ⅰ」のご案内をいただきました。

ポスター PDF

詳しくは日本文化財科学会HPをご参照ください。

特定非営利法人関西木造住文化研究会からセミナーのお知らせをいただきました。

——

特定非営利法人関西木造住文化研究会(Kansai Association for the Research in Traditional Housings。略称 KARTH:カース)が開催するシリーズセミナー「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護りぬく」の第7回「倒木を防ぐ樹木管理の必要性ー歴史的建造物と人身への事故を防ぐ」をご案内させていただきます。
詳細は添付資料(PDF)をご覧ください。
関心のある方がいらっしゃればお気軽にご参加いただければ幸いです。

NPO法人 関西木造住文化研究会 幹事 武田眞理子

このたびの平成30年台風第21号および平成30年北海道胆振東部地震により、甚大な被害が出ております。
被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

文化財や地域の文化的な資源にも被害が発生している可能性があります。
まずは人命救助、生活の再建が最優先とは存じますが、文化財等への被害状況や救出活動に関する情報がございましたら、推進室へお送りください。 (さらに…)

2018年6月下旬に発生した台風7号とそれに続く前線による豪雨災害につきまして、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

現在、当推進室は (さらに…)

「文化遺産防災ネットワーク推進会議活動ガイドライン」策定ワーキンググループの立ち上げました。

災害発生時に文化遺産防災ネットワーク推進会議参画団体が緊密に連絡を取り、迅速かつ効果的に被災した文化財等に対する救出・支援活動を実現するために、今年度「文化遺産防災ネットワーク推進会議活動ガイドライン」策定ワーキンググループを立ち上げ、第1回の会議を開催しました。

日時:2018年6月27日(水)10:00-12:00
場所:京都国立博物館平成知新館
内容:
1.概要説明
2.今回の会合について
3.今後の策定会議