文化財防災センター

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

(終了しました)「うつくしまふくしま未来支援センター 仙台シンポジウム」開催のご案内

東北大学片平キャンパス片平さくらホールで開催される「うつくしまふくしま未来支援センター 仙台シンポジウム」のお知らせをいただきました。

 

チラシ PDF

基調講演に前文化庁長官青柳正規氏が、パネルディスカッションにNP0法人宮城歴史資料保全ネットワーク事務局長の佐藤大介氏がご登壇されます。

【日時】
平成30年2月24日(土)13:00~17:30

【会場】
東北大学片平キャンパス 片平さくらホール

【プログラム】
Ⅰ部 基調講演
「災害記録を未来に活かす ―古代ポンペイの調査を通じて―」
青柳 正規 氏 東京大学名誉教授(前 文化庁長官)

Ⅱ部 福島の現状報告
① 福島の現状と課題
② 避難所運営シミュレーション教材による取組み
③ 『社会力』の向上を目指した防災教育
④ 震災関連資料の収集と保存

Ⅲ部 パネルディスカッション
「震災の記録と教訓を残し、未来に活かす」

東北大学ウェブサイト
ほんとの空が戻る日まで -震災の記録と教訓を残し、未来に活かす-(2018/2/24開催)

東日本大震災の復興において、民俗芸能や祭礼などが人々の日常的な暮らしを取り戻す大きな役割を果たしたことは言うまでもありません。
どうして民俗芸能が復興に寄与することができるのか、今後どのように次代につなげていくべきなのかを検討するシンポジウムが行われます。

東北大学災害科学世界トップレベル研究拠点関連事業学術成果公開シンポジウム「 震災復興における民俗芸能の役割と継承」

【日時】平成30年2月10日(土)14:00~17:00
【場所】郡山女子大学 芸術館(入場無料、参加申込不要)
【プログラム】
趣旨説明:フィールド災害人文学をめぐって

高倉 浩樹(東北大学)

第一部:福島県の民俗芸能
話者1 民俗芸能の復興力-田植え踊りを事例に
一柳 智子(郡山女子大学短期大学部)
話者2 震災時における民俗芸能の力
宮口 勝美(浪江町副町長・室原郷土芸能保存会)

第二部:民俗芸能と防災・震災復興
報告3 文化財化する地域文化
小谷 竜介(東北歴史博物館)
報告4 無形文化遺産の防災という考え方
久保田 裕道(東京文化財研究所)

総合討論
コメンテーター
何 燕生(郡山女子大学短期大学部)
木村 敏明(東北大学)
司 会   山口 睦(山口大学)

詳しくは東北大学ウェブサイトをご覧ください。

東日本大震災をうけて展開された文化財や歴史資料の保全活動や、東北地方における災害史研究の成果を報告し、史資料の保全・活用と文理融合型の災害研究を相互的に発展させるための意見交換を目的としたシンポジウム「歴史が導く災害科学の新展開」が開催されます。


【日時】平成30年2月10日(土)13:00~17:00
【場所】東北大学災害科学国際研究所 1F多目的ホール
【プログラム】

13:00-13:05
所長挨拶
13:05-14:15
第一部:文理融合型による災害研究の展開
今村 文彦 (東北大学災害科学国際研究所所長)
柳澤 和明 (東北歴史博物館研究員)
後藤 和久 (東北大学災害科学国際研究所准教授)
蝦名 裕一 (東北大学災害科学国際研究所准教授)
平野 勝也 (東北大学災害科学国際研究所准教授)
14:30-15:30
第二部:被災史料を活用した新たな研究の展開
菊池 慶子 (東北学院大学文学部教授)
川内 淳史 (神戸大学大学院人文学研究科特命講師)
熊 谷  誠 (岩手大学地域防災研究センター特任助教)
川島 秀一 (東北大学災害科学国際研究所教授)
15:30-15:50
コメント
奥 村  弘 (神戸大学大学院人文学研究科教授)
平 川  南 (人間文化研究機構理事)
16:00-17:00
パネルディスカッション

*参加費は無料。事前申し込みはこちら(当日受付可)。

熊本県教育委員会より「文化財レスキュー市民サポーター養成講座」(2月15日、3月15日)開催のお知らせが参りました。

(さらに…)

新潟県立歴史博物館より冬季企画展「守れ!文化財―博物館のチカラ、市民のチカラ―」(1月13日~3月21日)のお知らせをいただきました。

(さらに…)

イタリアから保存修復の専門家やアーカイブズ・レスキューの指揮にあたられた方々をお迎えして報告・意見交換を行い、アーカイブズ保存技術の相互的な創発と発信をめざして国際研究交流集会が開催されます。

【日時】平成30年2月6日(火) 9:30-17:20
【場所】国文学研究資料館 大会議室
【参加費】無料
【プログラム】

9:30- 9:40
開会の挨拶 : 大友 一雄(国文学研究資料館)
9:40- 9:50
趣旨説明 : 太田 尚宏(国文学研究資料館)
9:55-10:55
アーカイブズ・プリザベーションの現状と課題 : 青木 睦(国文学研究資料館)
11:00-12:00
マレガ・プロジェクトにおける保存修復技術の交流と協働 :

アンヘラ・ヌーニェス=ガイタン(バチカン図書館)
12:00-13:00 昼休憩
13:00-14:00
イタリアにおける被災アーカイブズ・レスキュー : レティッツィア・セバスティアーニ、エウジェニオ・ヴェーカ

(イタリア国立アーカイブズ・図書資料保存修復中央機構)
14:05-14:45
ユネスコ・ブルーシールドと日本防災ネットワークの現状 : 栗原 祐司(京都国立博物館)
14:50-15:30
地方再生に向けたアーカイブズの活用 : 加藤 聖文(国文学研究資料館)
15:30-15:40 休憩
15:40-16:40
デモンストレーション「被災資料の乾燥・洗浄プログラム」
16:45-17:15
意見交換
17:15-17:20
閉会のご挨拶

チラシ PDF

2017年11月22日(水)

第7回文化遺産防災ネットワーク推進会議を東京国立博物館で開催しました。

内容は以下の通りです。

Ⅰ)日本民具学会及び九州・山口ミュージアム連携事業実行委員会の新規加盟について
Ⅱ)文化財防災ネットワーク推進事業の活動状況について
Ⅲ)各地における地震等に伴う文化財等の被害・レスキュー活動の状況等について
Ⅳ)今後の文化財防災ネットワーク推進事業について
Ⅴ)各団体からの報告

九州・山口ミュージアム連携事業実行委員会が参画団体に加わりました。

歴史資料ネットワーク代表の奥村弘様が中心となって開催される国際シンポジウム「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立をめざして」のお知らせです。
(さらに…)

日本文化財科学会主催の公開講演会シリーズ『文化遺産と科学』
「遺跡に探る災害史と被災文化遺産の継承」が開催されます。

開催日時: 2017年10月8日(日) 11:00~17:00
開催場所: 大阪市立自然史博物館 (大阪市東住吉区長居公園1-23)
主   催: 日本文化財科学会

<プログラム>

11:00 開演

開会あいさつ (長友 恒人 日本文化財科学会会長)
主 旨 説 明 (今津 節生 日本文化財科学会理事)
考古学で探る大阪の洪水
(井上 智博 大阪府文化財センター)

12:10~13:10 休憩
(12:40~13:10 ポスター発表コアタイム)

13:10~

酸素同位体比年輪年代法からみた災害の歴史
(中塚 武 総合地球環境学研究所)
被災文化財が語る洪水─1934年室戸台風の爪痕─
(野田 繭子・内池 英樹 岡山県立博物館)
被災文化遺産の安定化処理と継承─植物標本を中心として─
(鈴木 まほろ 岩手県立博物館)
被災文化遺産を有害生物から守る
(佐久間 大輔 大阪市立自然史博物館)
閉会あいさつ (泉 拓良 日本文化財科学会副会長)

17:00 終演

* 事前申し込み不要(参加費は無料ですが、博物館への入館料が必要です)。

 8月28日より9月16日まで、立命館大学との共催で国際研修を実施しました。
 この研修プログラムは国連防災世界会議(2005年、神戸)で採択された勧告を受けて立命館大学が行ってきているものです。
 政府や研究機関の文化遺産保護専門家と防災の専門家を招聘し、短期間の実際的な研修を行い、各国それぞれの課題を認識しつつ、両専門家が協同して、文化遺産および歴史都市の価値を踏まえた防災計画を作成する手法を習得することを目的としています。

 今年度は研修を当ネットワークが共催し国立文化財機構の研究員が講師として動産文化財の救出などについて研修を実施するほか、外部講師の講義を室員が聴講し、世界の文化財防災について学びました。

 最終日には立命館大学を会場に、国際研修の成果報告やこれからの動産・不動産の文化遺産防災と国際的な協力についても話し合う公開シンポジウムも開催いたしました。

研修の様子

国際シンポジウム

人間文化研究機構広領域型基幹研究プロジェクト国文学研究資料館ユニット「人命環境アーカイブズの過去・現在・未来に関する双方向的研究」シンポジウム「地域歴史資料救出の先へ」が開催されます。

○日時:平成29年9月2日(土) 13時~17時(開場12:30)
○会場:いわき市文化センター 大ホール (福島県いわき市平字堂根1-4)
○入場:無料・事前申し込み不要

○内容:
【第1報告】
「民俗資料の保全をめぐる限界と可能性―福島県における民具の救出を事例に―」
内山大介氏(福島県立博物館主任学芸員)
【第2報告】
「「地域の記憶」を記録する―浪江町請戸地区における大字誌編纂の取り組み―」
泉田邦彦氏(東北大学大学院生)
【第3報告】
「救出した歴史資料の射程―福島県浜通りから未来へ―」
西村慎太郎氏 (国文学研究資料館准教授)
【第4報告】
「被災の記憶と資料を未来へ伝える試み―双葉町と筑波大学の震災資料保全活動―」
白井哲哉(筑波大学教授)

詳しくはチラシをご覧ください

 

<申込終了>NPOJCP主催の「平成29年度 文化財保存修復を目指す人のための実践コース」が開催されます。 (さらに…)

くまもと県民交流館 パレアアクシア企画展の関連シンポジウムとして「大規模災害時における博物館の役割」が開催されます。

日時:2017年7月5日(水)13:30~16:30
会場:熊本県民交流館パレア10階 パレアホール(熊本市中央区手取本町8-9)

熊本県における文化財レスキューの活動報告の他、岡田健文化財防災ネットワーク推進室長を司会にパネルディスカッションが行われます。

詳しくはチラシをご確認ください。

東京都立中央図書館で作製された資料防災動画「被災・水濡れ資料の救済マニュアル」がネットで公開されました。 (さらに…)

NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク2017年度通常総会・講演会が開催されます。 (さらに…)

【国文学研究資料館】平成29年度アーカイブズ・カレッジ(史料管理学研修会) のお知らせ (さらに…)

歴史資料ネットワーク2017年度総会シンポジウムが開催されます。 (さらに…)

ふくしま歴史資料保存ネットワーク主催シンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ―歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今―」のお知らせです。

(さらに…)

ふくしま歴史資料保存ネットワークからの情報です。

ブックレット「ふるさとを想う まもる つなぐ」が発行されました。

(さらに…)