【11月17-18日開催】第5回 全国史料ネット研究交流集会のお知らせ

国立文化財機構は文化財防災ネットワーク推進事業の一環として、平成26年度より開催されている「全国史料ネット研究交流集会」を通じて、地域内における歴史・民俗資料を研究する大学や博物館の専門家を中心に組織された全国各地の史料ネットの活動に関する情報を収集し、行政機関等も含めた地域における文化的資料の防災と災害時の迅速かつ効果的な救援活動実施のためのネットワーク構築に協力しています。

このたび下記要領にて、第5回目となる全国史料ネット研究交流集会が新潟大学にて開催されます。
2018年は、4月の島根県西部地震、6月の大阪北部地震、さらにその後、それらの地震被災地を含む各地で甚大な被害を生じさせた7月の西日本豪雨、関西国際空港をはじめ広い地域に高潮による被害を生じさせた9月の台風第21号、広い範囲で土砂崩れが発生し全道停電を引き起こした北海道胆振東部地震と、立て続けに災害が発生しました。この状況の中で、資料保全活動は複合災害・広域災害にどのように対処するか、という問題を考えることが喫緊の課題となっています。

今回の集会は、2004年の中越地震以降今日まで資料保全活動が続けられてきた新潟で、これまでの各地での経験をふまえつつ、2018年に発生した災害に直面した各ネットの具体的な経験と実践についての報告もなされます。各地の史料ネットによる報告と研究成果の発表を通じて、貴重な知見が得られるものと期待されます。

                記

日 時 :2018年11月17日(土)13:00~17:45、11月18日(日)10:30~13:00
会 場 :新潟大学中央図書館ライブラリーホール(新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050番地)
主 催 :第5回全国史料ネット研究交流集会実行委員会、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
共 催 :独立行政法人国立文化財機構、科学研究費補助金基盤研究(S)
    「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」
    (研究代表者・奥村弘)研究グループ
参加費: 無料(事前申し込み不要)

<プログラム>
◆1日目(11月17日)13:00~17:45
開会挨拶
基調講演
事業報告
各地からの報告①「西日本豪雨被災地から」
ポスターセッション・交流
各地からの報告②「災害経験を踏まえて」
質疑応答
懇親会(18:00~、於 新潟大学生協第一食堂)要事前申し込み

◆2日目(11月18日)10:30~13:00
各地からの報告③
ポスターセッション・交流
意見交流(全体討論)
閉会挨拶

詳細はこちらをご覧ください。

トップ