文化財防災ネットワーク

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

【開催終了】公開フォーラム 被災地と史料をつなぐⅡ-令和元年台風19号における被災資料レスキューと現状-

公開フォーラム「被災地と史料をつなぐⅡ-令和元年台風19号における被災資料レスキューと現状-」が開催されますのでお知らせいたします。

日時 令和2年2月27日(木) 13:00~16:30

会場 東北大学災害科学国際研究所 1F 多目的ホール

主催 東北大学災害科学国際研究所
   歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業東北大学拠点
   指定国立大学科学世界トップレベル研究拠点

共催 歴史資料ネットワーク
   NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク

次第 第1部 被災地報告(各報告20分+質疑5分)
  ・川内淳史「2019年台風19号における宮城県内での被災資料救済・保全活動」
  ・小野塚航一「歴史資料ネットワークによる台風19号対応―栃木県での資料保全活動―」
  ・尾立和則「豪雨による水損資料レスキュー(川崎市民ミュージアム・長野市立博物館)保存修復専門家の現場対応例」
   
   第2部 保全技術ワークショップ
  ・蝦名裕一「文化財マップを活用した災害前の資料保全活動」
  ・井出亜里「超高精細スキャンによる文化財の保全技法」
  ・超高精細スキャン実演ワークショップ

主催:東北大学災害科学国際研究所
   歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業東北大学拠点
   指定国立大学災害科学世界トップレベル研究拠点

共催:歴史資料ネットワーク
   NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク

詳しい内容については下記のウェブサイトをご覧ください。