文化財防災ネットワーク

CH-DRM Network,Japan

National Task Force for the Japanese Cultural Heritage Disaster Risk Mitigation Network

(終了しました)共同展「被災資料再生の今 ~過去と未来をつなぐ・資料から学ぶ~」開催のご案内

共同展「被災資料再生の今 ~過去と未来をつなぐ・資料から学ぶ~」が開催されますのでお知らせいたします。

日時 2020年1月11日(土)~2月24日(月)

会場 岩手県立博物館
(岩手県盛岡市上田字松屋敷34)

主催 津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会
岩手県立博物館

展示構成と主な展示資料
1.過去と未来をつなぐ
2.文化をつなぐための挑戦-紙製資料安定化処置の今-
3.資料から学ぶ(1)-古文書・絵図・写真-
4.資料から学ぶ(2)-国登録有形民俗文化財「陸前高田の漁撈用具」-
5.資料から学ぶ(3)-岩手博物学の太陽・鳥羽源藏 新発見資料を中心に-
6.挑戦はつづく-再生方法の模索・美術品-

詳しい内容については岩手県立博物館のウェブサイトをご覧ください。