文化遺産防災国際シンポジウム開催のお知らせ

「文化遺産防災国際シンポジウム-文化遺産を大災害からどう守るか:ブルーシールドの可能性-」を開催

【開催趣旨】
日本列島各地で災害への備えが課題とされ、世界文化遺産など大量の文化遺産が集積する歴史都市京都でも、大地震とそれに伴う大火災発生時の文化遺産救援活動が課題となっている。ユネスコは非常時の文化遺産の保護救援のため、関連国際NGO国内委員会からなるブルーシールド国内委員会の設置と、その国際的国内的な貢献を求めている。英米豪などの先進的経験に学び、京都と日本での今後のあり方を、広く文化財所有者や関係専門家などと検討していきたい。

【開催概要】
日時:平成27年12月13日(日)10:00~17:00(受付開始9:30)
場所:京都国立博物館 平成知新館 講堂(定員200名)
主催:独立行政法人国立文化財機構 文化財防災ネットワーク推進本部
共催:「明日の京都」文化遺産プラットフォーム、ICOM(国際博物館会議)日本委員会、
日本ICOMOS(国際記念物遺跡会議)国内委員会
後援:京都府、京都市、京都仏教会、京都府神社庁、京都市内博物館施設連絡協議会、
NPO法人古材文化の会
※聴講無料、同時通訳付です。申し込みと詳細については下記の特設HPとチラシをご参照下さい。

特設HP(申し込み先)
http://www.chdrm2015.com

シンポジウムチラシおもてシンポジウムチラシうら
シンポジウムチラシ[PDF]

トップ