公開シンポジウム「地域と共に考える文化財の防災減災Ⅱ」開催のお知らせ

文化財を災害から守るためには、日ごろの備えが大切です。そのためには、まずその所在を把握し、一点一点を調べる「悉皆調査(しっかいちょうさ)」が不可欠です。この悉皆調査は、従来専門家によって行われてきたものです。しかし近年、大規模災害の被災地において、市民が文化財調査や整理に取り組むようになりました。こうした市民参加型の悉皆調査は、文化財保全はもちろん地域の活性化にもつながるものです。
本シンポジウムでは、基調講演に、阪神・淡路大震災時に文化財レスキューの組織を立ち上げ、その経験から文化財の所在を余すことなく調べる悉皆調査(しっかいちょうさ)の重要性を提言してこられた三輪嘉六氏を迎えます。事例報告では九州における悉皆調査の最新事例と阪神・淡路、中越、東日本大震災を受けて実施した市民との「協働」による文化財の悉皆調査の取り組みを紹介し、地域や市民とともに進める今後の文化財防災、減災を考えます。

開催日時
平成28年1月24日(日)
13時00分〜17時00分(受付12時30分開始)

会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール

主催:九州国立博物館

後援:福岡県・福岡県教育委員会・太宰府市・筑紫野市・大野城市・春日市・那珂川町・ 一般社団法人 文化財保存修復学会・一般社団法人 ミュージアム支援者協会・ NPO法人 文化財保存支援機構

参加費:無料(事前申し込み不要)

定員:280名

問い合わせ:九州国立博物館  092 – 918 – 2834・2842

プログラム:
第1部 基調講演[13時05分~13時45分]
あらためて考える文化財の悉皆(しっかい)調査と市民-阪神・淡路大震災とボランティア元年 –
三輪嘉六(NPO法人文化財保存支援機構・前九州国立博物館長)

第2部 事例報告

第3部 パネルディスカッション[16時10分〜16時55分]
地域と共に、市民と共に考える文化財の防災減災

kyukokuA4_oPDF

シンポジウムリーフレット_ページ_1シンポジウムリーフレット_ページ_2シンポジウムリーフレット

トップ