• 普及啓発| 東京文化財研究所
更新日:2021年11月19日 17:14

文化財防災に関する研修会を山形県にて開催しました

文化財防災センターでは、2021年11月13日に、山形県の文化財担当者、博物館・美術館等の学芸員等を対象とした研修会「なぜ災害発生後に文化財を救うのか―文化財レスキューと心理社会的支援―」を東北芸術工科大学で開催しました。
今年度は新型コロナウイルス感染予防対策のため会場の定員を縮小しましたが、オンライン配信も実施することで多くの方にご参加いただきました。災害時に文化財を守ることの意義を改めて考える機会になりました。

主催:(独)国立文化財機構 文化財防災センター 
共催:(独)国立文化財機構 東京文化財研究所
後援:山形県・東北芸術工科大学・山形文化遺産防災ネットワーク

研修会場の様子